国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

正解はないけれど・・・その3

まもなく、前期期末考査です。

これがおわると後期、10月、いよいよ後半戦のはじまりです。

正解のない問いへの対抗策は、みんなの知恵を集めることと、第三者による客観的評価・・・と考えてみました。そこで、10月から、アクティブ小論文と、難関大記述をはじめようと思います。

確実に、自爆行為(自爆好意?)ですが(笑)、思うことがいくつか・・・

 

勤務校は、学力幅よりも学習意欲の幅が広いです。

上位層は、東北六県国公立からMarchあたりに進学していきます。

が、昨年も今年も、この層の生徒は、塾・予備校に通っていません。

学校の授業、課外講習、自学自習です。

このあたりの事実は、先生方気付いていない人が多いです。世間も先生方も、国公立合格者は予備校のおかげ・・・と言っていますが(笑)、実は、学校と生徒の努力だったりするのです。

また、共通するのは「家の人」が「進学するかしないか、進学するならどの大学に行くかは、あなたの好きにしなさい。その代わり、あなたが自分で決めて、自分で努力しなさい」と言っていること。

(ひょっとして、こういう言葉がもっと多く聞かれるようになると、本校生徒の学習意欲はもっと高まるのかもしれません。だって、親が「自宅通学県内」、教員が「自分で決めて」と言えば、自動的に仙台市内の大学に決まってしまいます。そこには、学部も学科も学びも何もないです。ただ、学習意欲につながらないジレンマは残ると思いますが・・・)

 

かくして、上位層は、自分で考え、主体的に学び、将来を模索し始めます。

その結果、学びを求めての学部学科、大学選択となり、その多くは、東北六県から北海道~首都圏の国公立か、首都圏・関西圏の私大となります。

 

難関大・・・という言葉は、本校生徒の一部には挑発的な言葉になってしまうので、どうするか検討ですが、現実には

国公立大学二次試験」で現代文のある生徒

「成成國武獨明」以上の私大で現代文のある生徒

という枠組みになります。

センター対策は夏期講習でやりましたし、仙台市内の私大対策は授業の中で実施します。いずれ、12月~1月の授業は、過去問演習になりますが、そこで、国公立二次対策をやるのは、あまり得策ではない・・・という感じです。

 

テキストは、すべて、国公立大学二次の過去問で。

課外用には、良問や身につけて欲しいパターンを集めたものを作ってあるのですが、それを今年用に少しマイナーチェンジして。

この添削指導用には「上級現代文Ⅰ」を購入してもらって・・・と思っています。

 

授業や講義をするのではなく、生徒を集めてファシリテーションするのが私の役目。

そういう意味で、放課後の1時間限定で、集中した協同・協業的学びの場を作ってみようと思います。