国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

マーク模試がおわりまして

生徒用文章のメモです。

 

マーク模試が終わりました。以下、大事なこと

・鉛筆を用紙してください。

・長丁場の受験に耐えることができるように、日々の学習で取り組んでください。

・冊子に解いて、シートに写す。

・むらなく、むだなく、素早くマーク!

・正解の根拠を本文に見つけること(印)

・選択肢は、客観的に判断すること

・時間配分も点数のうちです

・自己採点は正確に! 10点異なると大騒ぎ!

 

ここがみなさんの受験生としての出発点です。

志望校について、今何かを決断する必要はありません。

今、あなたが「本当に」行きたい学校・学部・学科に向かって、ここからスタートするのです。では、まず何から始めましょうか。

 

できなかった問題を解き直してみましょう。

模範解答の解説を見るのではなく、教科書などを見て解き直してください。

そうすると、何が足りなかったのか、わかります。

1 知識が足りなかった

 ・単語、文法、公式、重要語句などがわからなかった⇒覚えましょう

2 解き方が良くなかった

 ・解法を知らなかった、解法のあてはめ方が違った

  解法を思いつかなかった・・・などですね。

  ⇒解法の意味を理解しましょう

3 ケアレスミス

 ・計算違い、スペルミス、漢字の間違いなどですね ⇒自分の悪い癖を自覚して繰り返さないようにしましょう。

4 勘違い、思い込み

 ・問題の意図を理解していなかった。

  関係ないことを答えていた。

  本文を読まずに解いていた。

  ⇒原因に気付いたら、繰り返さないための注意事項を日々の学習に取り入れましょう。

 

解けなかった原因は、上記のようなことです。

どうやって修正するか、友達と情報交換してください。

きっと、次は、うまくいきます!