国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

生徒の言葉

早い段階で疑問を解消した方がよい。

友達の答案を見て、自分の着眼点の間違いに気づいた。

間違い方にもいろいろある。

本文を自分勝手に解釈することを「主観」ということに気づいた。

みんなも自分も、だんだん意見が増えてきて楽しい

傍線部の周辺を読むだけではわかったつもりでも点数にならず、本文全体を読まないと点数に結びつかないことや、日々の読書が国語の学力になると感じたので、図書館に通います。

まず「問題」を理解することが大事ということがわかった。

自分の文章は、人に伝えるには「説明不足」ということがわかった。

本文は、何回読んでも見落としがあるので、繰り返し読むことを心がけたい。

選択肢をカンで選ぶのは主観、分析して考えるのが客観ということがわかった。

 

うちの生徒の学力は、普通に高いと思います。

でも、結果が出ません。その理由がわかってきたみたいです。

 

出題の意図を理解していなかった

本文を読んでいなかった

主観で読んで、カンで選んでいた

自分以外の人の考え方を知らなかった

答案は、全体に説明が不足だった

本文の背景にある価値観を全く知らなかった

答えの暗記が勉強だと思っていた。

 

というわけ。

でもこの「みんなで学ぶことで得られた気づき」が「個々から全員への共有」になっているような気がします。

となれば、ここを脱すれば、とんでもなく結果が上昇すると思います。

 

出題の意図を理解し

本文を全部読んで、全体の意味をきちんと理解し

事実と事実以外とを区別して読み、選択肢は客観的に選び

答案は、3つの部品で説明し、

本文の背景にある価値観を理解して

考えを深める

 

なんて素敵なこと!

でも、ALやってなかったらこんな大事なことに気づけなかったんですね。

 

生徒から学ぶことが多いのが、今年、ストレスが少し少ない理由かもしれません。