読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

志望校を母校にする

というキャッチフレーズがありました。

これ、個人的に好きなんです。

 

今の学校は中堅進学校です。

生徒の学力の幅は広めで、東北大学希望から勉強嫌いまでいます。

状況的には、地元私大のボーダーラインです。

得意教科の力はトップ校並ですが、総合点をそろえることは苦しいです。

そんな生徒たちは、高校受験の経験をそのまま大学入試にあてはめています。ですから、偏差値序列で大学を選びます。つまりみんな地元私大(笑)。

自分はこんなもんってことですね。でも、東北の地方都市にある大学の数は限られているわけで、で、そこからあふれる・・・と思った生徒は専門学校に流れていく・・・そういうシナリオがあるような気がします。

 

上位の生徒に、地元私大以外、難関国公立や首都圏私大を希望してもらわないと、詰まってしまうんですね。

でも、ある意味で上位の生徒は頭がいいので、確実に地元私大を狙ってきます。

さて、この思い込みから解放して、志望校を母校にしてもらうことですね。

 

できる、だいじょうぶ、受かるから…

だから、一緒に、計画を練りましょう。何をすべきか考えましょう。

まずは、センターからよ。

っていうプリント配ったけど、生徒の心には届いていないか・・・。

もう一度・・・だな。