国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

思うこと

国語がわからない、苦手・・・という生徒の叫び・クレームが振り返りシートにあります。これにうまく対応して導くことができれば、生徒は国語ができる、得意になります。つまりこの叫びを生徒の発達段階だととらえれば、ここにトレーニング・マニュアルが出来上がります。

 

同様に、ALにおいては、人間関係の叫び・クレームもあります。

これもうまく対応すれば、コミュニケーション・マニュアルになります。

生徒が、何につまずき、何に困り、何が足りないのかを読み取っていくことですね。

 

ここまで1か月を整理すると

1.このままではいけないらしい

  ・本文をそのまま写す、抜き出すだけではだめらしい

  ・記述答案に、自分の考えを書いてはダメらしい

   ⇒自分の言葉を補って説明することが必要らしい

 

2.どうして解答例になるかわからない、

  ・解答例に近づかない

  ・先生の説明が欲しい

   ⇒傍線部だけを見ていて本文全体を読んで理解していない

    傍線部とその周辺というテクニック的な解法では足りないらしい

    本文全体を読み、論理的に理解しないといけないらしい

 

で、「2」が「今ここ」になります。

その他に、知識的な部分では、近代以前の価値観と、近代以降の価値観がまだわかっていないので、解答例に「近代」という言葉が必要な意味が理解できないとか、「近代」と「現代」の違いがわからないという質問があります。

これは、結構、深い疑問・質問だと思います。AL的な取り組みができる優秀系の生徒からの質問です。

これは、最終段落の演習終了後、少し講義で補います。

 

で、その講義なのですが、近代論の大枠でいくか、この単元のポイントの部分でいくか、ちょっと迷っています。ただ、私の中での結論は「幹」の説明でいくという新しい方向性で考えるならば、単元ポイントでいこうかと思っています。

近代論の大枠だと、近代以前の価値観から近代の価値観への流れと相違点が中心になります。しかし、単元の内容や現代社会の「今」を考えるならば、近代以前~近代~ポスト近代までいく必要があります。

これを、大枠で語ると、どうしても枝葉(といっても重要なのですが…)が増えますので、単元の幹で行こうと思います。

 

今考えている流れは

近代以前

 封建的価値観の時代

 社会的コンテクストがアイデンティティ

 身分制度、家父長制度、世襲制度、一元的価値観

 

近代

 自由社会の時代

 社会的コンテクストは封建的くびきへ

 個人の誕生

 自由・平等・博愛

 

近代の闇

 社会的コンテクストと個人の自由の混在

 ⇒アイデンティティ確立のために必要

 自由→能力のない者にとって地獄

 平等→能力のある者にとって地獄

 博愛→特別に愛されたいという欲望への飢餓感

 個人の自由の暴走→暴力・利己主義へ

 科学の暴走→戦争・環境問題へ

 

 近代とは自分でアイデンティティを確立する時代

 ・自分で自分を証明する必要   

 ・自分を他者に承認してもらう必要

 個人主義の実現 ⇔ 利己主義への転落

 

ポスト近代

 美しい個人主義の時代

 近代の二面性を理解した上で、その本当の意味・目的に沿って物事を進めることができる時代

 本当の自由、個人の実現

 封建的価値観に基づく倫理・道徳が必要でなくなる、新しい人間性の創造

 

ってなことを考えています