読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

今日の反省

今日の反省は・・・

 

 新しい段落に入って演習。

 問題が多すぎ、欲張りすぎ、難しすぎで、時間不足

 

 改めてALの理論書などを読んでみると

 「ALでは基礎的な問題を確実に・・・」とありました。

 欲張りすぎでした。

 

 設問は「指示語の指示内容」ではあるのですが、その指示内容が、本文の重心である「封建社会から自由社会になると、個人は自分の存在を自分で構築しなければならない」という部分です。

 この内容の理解だけでも大変なのに、これに、言葉の意味や、論理解法による設問まで加えていました。

 反省ですね。少し、先を急ぎ過ぎました。

 もう一度、演習を練り直し、

 指示語の指示内容で1回

 記述問題で1回

 というペースを確立していこうと思います。

 

 もう一つは・・・

 授業で1度、講義をいれました。完全講義式の授業です。

 トゥールミン・ロジックやコミュニケーションの定義から、記述答案作成にいたる説明です。

 講義だから、振り返りシートはいいか・・・という思い込みで、そのまま終わったのですが、何人かの生徒は書いてくれました。ありがたいことです。

 その中には、文芸部の生徒で、ロジックで書きやすくなりそうとか、記述答案の作り方をこんなに教えてもらったのは初めてなどがありました。

 毎時間、振り返りの時間を取ります。

 これは、私のためのアンケート用紙ではなく、生徒自身の振り返りの時間として必要なのですね。あるクラスだけ、時間不足などで振り返りシートを書く時間を省略してしまっていたのですが、やはり、そのクラスは定着というか、それこそ振り返りが不足な感じです。

 ALの先人の実践には、やはりすべて意味があるのですね(内田樹っぽい感想(笑))。

 この意味を大切にしながら、AL頑張ろうと思います。

 なにせ、振り返りシートから、授業をどうすればいいか、生徒から教えてもらえるのですから。