国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

国語表現では

選択の国語表現を担当しています 私のクラスは、一般受験のみ。つまり小論文などが必要ない生徒のみのクラスです。 後期から「探究型学習」の体験をと思って進めています。方法は、 1、5~20分程度の映像を見る。 2、心に引っかかったことを書き留める …

半年をふりかえって

4月から始めたALですが・・・紆余曲折を経て、半年経ちました。 何となく、わかってきたかな(笑) 考査明け、希望者だけでやろうと思っていた「小論文講座」を、そのまま現代文の授業でやっています。 同時に、国語表現の授業では「探究的アプローチの体験…

正解はないけれど・・・その3

まもなく、前期期末考査です。 これがおわると後期、10月、いよいよ後半戦のはじまりです。 正解のない問いへの対抗策は、みんなの知恵を集めることと、第三者による客観的評価・・・と考えてみました。そこで、10月から、アクティブ小論文と、難関大記…

正解はないけれど・・・その3

まもなく、前期期末考査です。 これがおわると後期、10月、いよいよ後半戦のはじまりです。 正解のない問いへの対抗策は、みんなの知恵を集めることと、第三者による客観的評価・・・と考えてみました。そこで、10月から、アクティブ小論文と、難関大記…

正解はないけれど・・・その3

まもなく、前期期末考査です。 これがおわると後期、10月、いよいよ後半戦のはじまりです。 正解のない問いへの対抗策は、みんなの知恵を集めることと、第三者による客観的評価・・・と考えてみました。そこで、10月から、アクティブ小論文と、難関大記…

正解はないけれど・・・その3

まもなく、前期期末考査です。 これがおわると後期、10月、いよいよ後半戦のはじまりです。 正解のない問いへの対抗策は、みんなの知恵を集めることと、第三者による客観的評価・・・と考えてみました。そこで、10月から、アクティブ小論文と、難関大記…

正解はないけれど その2

医学部系の小論文指導をしていたのは、もう2年前か・・・ ロンドンの地下鉄駅の階段を昇っていくヤツや、結婚を約束した婚約者にお別れを告げる手紙・・・という、話題の小論文を見たときは、・・・・でした。 これ、どういう採点するの? 医師の適性を、ど…

正解はないけれど・・・

創造思考、未来志向には「正解のない問い」があります。と言われています。 これ、確かに正解はないと思うのですが「不正解」は厳然と存在するのではないかと思います。つまり、正解のある時代は、正解以外が不正解だったのですが、正解のない時代は、不正解…

思考コード

というのがあります。リンク張れない・・・ 大雑把にいうと、入試問題を 1 知識・理解思考(知識・理解) 2 論理的思考(応用・論理) 3 創造思考(クリティカル、クリエイティブ) に整理するものです。 これ、結構画期的で、知る人ぞ知るものになってい…

さぼったわけではないのですが・・・

いろんなことがあって書けませんでした。 で、7月、8月の模試結果が出てきまして、いずれも本校過去五年を比較して、国語は最高の結果です。特に8月の全統模試は、希望者参加ですが、受験者の1/3が偏差値50を超え、前年度本校比で、偏差値4以上高かっ…

ちょっと吐き出し・・・

生徒による授業評価アンケートの自由記述欄には、結構激烈な文字が並んでいるものもありました。40名のクラスで1~3名ですね。 こういうことを書く生徒の、根源的傾向は前回書いたのですが・・・こうした批判は、私だけではなく、他の先生方も以下同文の…

生徒の授業評価

ALを見よう見まねではじめて3か月。つまり、この4月から挑戦開始でした。 こちらの未熟もあり、不手際もあり、いろいろあるのですが、それでも一定の成果はあったような気がします。 その成果には、当然マイナス因子もあるわけで(笑)、いろいろ見えて…

エントリーシートの指導・・・

が、ちょっといやになってきました(笑) 何を書いていいかわかっていないけれど、こう書くらしいという思い込みがあって・・・指導の前に、先入観を抜かないと、一歩も先に進みませ(笑) 個別指導であることが幸いですが、そこでわかるのは、ここまで授業…

長期的な問題解決の視点から、価値を創造する

最近おぼえた言葉です。 問題解決が大流行りですが、実は、問題解決にも二つの視点があって、 短期的問題解決思考 目の前の問題を何とかする。 悪く言えば、対処療法 長期的な問題解決思考 未来を考えて今を考える 悪く言えば理想論 で、ALとか創造思考と…

アクティブラーニングは、形じゃない

TOK Theory of Knowledgeを読んでいます。 繰り返し読んでも、全然わからないんですけど、おもしろいです。 で、アクティブラーニングってのは形ではないわけで、そこに導く、こちらの持って生き方というか、授業の方向や、教材の理解が必要なわけで、その基…

幼い生徒への対応

高校3年生を担当しています。 昨年まで担当していた先生が異動になり、私がそのまま3学年に残留して入ることになりました。 何でも先生に聞きたがる子供たち・・・その半数は、質問ではなくクレームに近い(笑) どこで知ったのか、だれに習ったのか、単な…

アクティブ・ラーニングによる生徒の進化

生徒の振り返りシートを追い掛けてゆくと、こんな段階がみえてきました。 第1段階 個人の思考=「気付き」から始まる。 「気付き」が「ペア・グループによる活動」によって発展する。 第2段階 ペア・グループによる「シェア」が、他者の発見~他者意識を生…

中間考査の振り返り・・・

現代文200枚の採点がおわりました。 平均点は65~67点。80点以上が各クラス数人。 点数は40~80点の間に収まり、人口分布(笑)は、平均点周辺に偏っている感じ。 40人クラスとして 得意=8人前後 普通=20人ちょっと 苦手=10人ちょっ…

マーク模試がおわりまして

生徒用文章のメモです。 マーク模試が終わりました。以下、大事なこと ・鉛筆を用紙してください。 ・長丁場の受験に耐えることができるように、日々の学習で取り組んでください。 ・冊子に解いて、シートに写す。 ・むらなく、むだなく、素早くマーク! ・…

キーワード

は、イコールにする、シェアする。 学校と社会、授業と受験勉強、学ぶことと働くこと、 教員と生徒、個人とクラス、クラスと学年 かつ、それが個性と共存する。 そういうことって、考えればできるみたいです。 それは、教えるのではなく、引き出ことで・・・…

国語を実技教科にしよう

という目標ではじめて、間もなく考査。 具体的には論理思考、トゥールミン・ロジックの取得・活用がありました。 つまり「論理」という共通言語を身に付けるということです。 論理的に考えること、言語を身に付けることには共通の問題があって、通常の思考回…

本日の一限

いったい、何がおこったの?? というくらい、理想的というか、ALってこういうものなんだ・・・ということを始めた知ったというか、すごいというか、完璧な一時間でした。 生徒は、自ら多くの仲間にノートを差し出して採点や意見を求め、あるグループは深…

マインドセット

が重要になるという記事を昔読む、その時はあんまり信じなかったのですが、これからの世の中を考える中で、その重要性がだんだんわかるようになってきました。 自分の気持ちの準備が、いろいろ不足でした。 その原因は、私の中にある小さな不満やストレスの…

生徒の感想

いろいろな人の答案を見るのは楽しい。タメになるものから珍回答もあって楽しめる。 採点してくれる人がいると、得るもの違うと思った。 多くの人と話し、意見を交わすことで、理解度が深まった 質問をして答えてもらったらためになるし、答えられなくても、…

生徒の言葉

早い段階で疑問を解消した方がよい。 友達の答案を見て、自分の着眼点の間違いに気づいた。 間違い方にもいろいろある。 本文を自分勝手に解釈することを「主観」ということに気づいた。 みんなも自分も、だんだん意見が増えてきて楽しい 傍線部の周辺を読む…

本文を読む

新しい授業のテーマは 「初見の問題を解けるようになる」です。 では、どうしたらいいですか??と生徒に問いかけてみました 「本文を全部読む」「傍線部周辺だけでなく、本文を全部読む」「本文をきちんと理解する」・・・。 おまえら! 本文読まずに問題解…

授業の振り返り

新しい単元に入っていきます。 感じるのは、生徒の成長かな もちろん、問題点も赤裸々に出てきます。その解消の方向性を・・・ 1 thinkーpairーshare 自分の頭で考える、ペアで考える、グループで考える、みんなで共有する これ、アクティブラーニング型授…

志望校を母校にする

というキャッチフレーズがありました。 これ、個人的に好きなんです。 今の学校は中堅進学校です。 生徒の学力の幅は広めで、東北大学希望から勉強嫌いまでいます。 状況的には、地元私大のボーダーラインです。 得意教科の力はトップ校並ですが、総合点をそ…

現代文も最初の単元が終わる

というわけで、新しい単元に入ります。 全体に、主体的というのでしょう、前向きに進んでいくクラスと、ちょっと停滞気味なクラスがあります。 自分の答案が、もっとわかりやすい言葉に換言されて帰ってきた 自分の体験と結びつけて考えるとわかりやすかった…

選択古典の状況

今年は3種類授業を担当しています。 現代文中心の中、一つだけ、選択古典Aを持っています。 今日から、新しい単元。 前の単元は、コツコツと文法演習を行い、最後に単元テスト、ノート作りで終えました。で、今日は・・・ 本文初見で、主語の把握、指示語の…