国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

中間考査の振り返り・・・

現代文200枚の採点がおわりました。

平均点は65~67点。80点以上が各クラス数人。

点数は40~80点の間に収まり、人口分布(笑)は、平均点周辺に偏っている感じ。

40人クラスとして

得意=8人前後

普通=20人ちょっと

苦手=10人ちょっと

という感じで、やや底辺が広めな感じ。

で、ここからスタートですね。

 

監督の先生に伺うと、生徒たちは最後まで必死だったそうです。寝たり、諦めたりという生徒はいなかったみたいで、それだけでも結構な変容だと思います(笑)。

分類上で一番平均点が高かったのは、あるクラスの女子約20名。

この平均点が70点越え!

確かに、このクラスが一番ALを理解して、スムーズに進行しています。

やはり記述問題が書けている。部分点ではなく、要素を満たした満点答案が多かったのは、その成果の様です。

で、同じクラスの男子のキーマン。男子は、この生徒がいるといないとでは、だいぶ雰囲気が変わるのですが、その生徒は80点前後まで取りました。

 

全体には、あの難しい記述問題を、よく解いたな、書いたな・・・と思います。

まだ、余分な本文の引用がありますが、これは、今後の成長を待つ感じです。少なくとも書いた生徒で×は少なく、3要素のどこかにひっかかって部分点をとっています。次回の記述模試でも、頑張って欲しいと思います。

 

今後の授業ですが、やはり70点越えの生徒は確実に力をつけていると言ってよいので、この生徒たちを伸ばしてゆくこと・・・に主眼がおかれます。

もっと書けるようにするってことですね。

そのための一つに、事実と事実でないことをわけて読むことを、次の単元から入れていきます。これは、論理思考の始まりである「事実の把握」に必要な練習で、おそらく、事実を見極めることができるようになると、論理思考が動き始めると思います。

そして、事実~主観を結び付け、その間にあるWarrantを読み取る・・・という作業になりますね。

整理すると

1 指示語の指示内容の説明

2 二項対立の整理

3 ロジックの構築

のために

1 事実と事実以外のものの仕分け

2 事実と主観(筆者の主張・感情)の結び付け

3 Warrantの理解

ということが新しい取り組みになります。

また

4 物事の二面性の理解

ってのが大事になってくるので、ここを確認しつつ・・・ですね。

 

さー・・・これをどうやってALにしたてていくか・・・

ちょっと悩みます。

 

 

マーク模試がおわりまして

生徒用文章のメモです。

 

マーク模試が終わりました。以下、大事なこと

・鉛筆を用紙してください。

・長丁場の受験に耐えることができるように、日々の学習で取り組んでください。

・冊子に解いて、シートに写す。

・むらなく、むだなく、素早くマーク!

・正解の根拠を本文に見つけること(印)

・選択肢は、客観的に判断すること

・時間配分も点数のうちです

・自己採点は正確に! 10点異なると大騒ぎ!

 

ここがみなさんの受験生としての出発点です。

志望校について、今何かを決断する必要はありません。

今、あなたが「本当に」行きたい学校・学部・学科に向かって、ここからスタートするのです。では、まず何から始めましょうか。

 

できなかった問題を解き直してみましょう。

模範解答の解説を見るのではなく、教科書などを見て解き直してください。

そうすると、何が足りなかったのか、わかります。

1 知識が足りなかった

 ・単語、文法、公式、重要語句などがわからなかった⇒覚えましょう

2 解き方が良くなかった

 ・解法を知らなかった、解法のあてはめ方が違った

  解法を思いつかなかった・・・などですね。

  ⇒解法の意味を理解しましょう

3 ケアレスミス

 ・計算違い、スペルミス、漢字の間違いなどですね ⇒自分の悪い癖を自覚して繰り返さないようにしましょう。

4 勘違い、思い込み

 ・問題の意図を理解していなかった。

  関係ないことを答えていた。

  本文を読まずに解いていた。

  ⇒原因に気付いたら、繰り返さないための注意事項を日々の学習に取り入れましょう。

 

解けなかった原因は、上記のようなことです。

どうやって修正するか、友達と情報交換してください。

きっと、次は、うまくいきます!

 

 

キーワード

は、イコールにする、シェアする。

学校と社会、授業と受験勉強、学ぶことと働くこと、

教員と生徒、個人とクラス、クラスと学年

かつ、それが個性と共存する。

そういうことって、考えればできるみたいです。

それは、教えるのではなく、引き出ことで・・・。

もうteachingの時代ではないことをつくづく感じました。

coachingなんですね。そして評価の対象は「気付き」なんですね。

気付きと実践、修正と学び、これが評価の対象になる・・・これが近未来への指針ということみたいです。

 

生徒の学校・教員・社会・授業・受験に対する不満って、イコールではないことにあるんですよね。授業を受けても受験には関係ない・・・。

で、現在イコールに向けています。これが、イコールになるかどうかの、生徒の評価は、模試や考査にあると思います。

一方で、イコールにすることに不満や不安を持つ生徒もいます。

意味の理解を伴わない暗記型学習をしてきた生徒ですね。

でも、古文で一度、「本文と現代語訳」を提示し、なぜこの現代語訳になるか・・・を考えさせた後で確認テストをすると、現代語訳は、昨年の講義型生徒より、結果が高かったです。

なぜこの訳になるかについて、本人なりに考え、単語や文法に基づいて考えた結果、定着率が高いのではないかと思います。つまり、丸暗記ではなく、思考を挟んでの暗記になったのではないかと思っています。

 

これは、ある種のスモールステップなのかもしれません。

意味の理解は難しいことです。ですから、意味が理解できる程度の段差で課題を示してゆくことがコツなのかもしれません。

そう考えると、現代文で行っている、

 指示語~二項対立~論理思考という流れは、本文理解に対するスモールステップを形成しているのかもしれません。

 でも実際、入試問題は、漢字~語句の意味~指示語の指示内容~二項対立の説明~言い換え・因果関係・・・と進んでいくわけですから、この流れに沿って授業演習を進めていけば、自ずから・・・ということになって欲しいです。というか、なってください。

 

 さて、であれば、古文・漢文も、

 語句の読み・意味~主語の確認~指示語の指示内容~二項対立の説明~心情の説明・事実の説明~因果関係と進めていくと、内容の理解が進むかもしれません。

 そういうデザインをしないといけないですね。

 

 同時に、思考力を深める問・・・。

 つまり探求型授業ですね。

 

 これは、視点の転換になると思います。

 友人が好き・・・と言っている女性にプロポーズしてよいのか(こころ)

 死人から髪を抜く老婆の服を剥いでいいのか(羅生門

 山の日の出を見て、なぜ、春は夜明けがよいと断定するのか(枕草子

 他にすることがないが徒然草の執筆動機なのか(徒然草

 このような「幹になる問」を投げかけること・・・これが重要になると思います。

 

 で、これが古文だと、わびさびや無常観の理解になります。

 現代文だと、アイデンティティや存在など、近代の問題になると思います。

 

 そういうポイントをうまく展開していくのが、考査後の授業になるかもです。

 

 

国語を実技教科にしよう

という目標ではじめて、間もなく考査。

 

具体的には論理思考、トゥールミン・ロジックの取得・活用がありました。

つまり「論理」という共通言語を身に付けるということです。

 

論理的に考えること、言語を身に付けることには共通の問題があって、通常の思考回路、日常レベルの発想では身につかないということ。

これは、論理的に考えるぞ! というスイッチをいれないと、そういう思考回路にならないということ、また言語の取得は、間違いや失敗を重ねる中で「学習」していくものということ、・・・つまり、挑戦して失敗~修正~失敗~修正の無限ループの中で、気が付いたら身につくものなんですね。

 

確かに、母語は習わないもんな(笑)。

気が付くと喋っている、気が付くと教員らしい発想に染まっている、っぽい言葉を使っているということですね。

そこには、失敗を繰り返す中で学び、気が付いたらできるようになっていた・・・ということですね。

 

そうか・・・正解丸暗記の学習には、挑戦~失敗~修正のサイクルがないんですね。

或いは、挑戦~失敗~正解丸暗記という間違った学習になっているということですね。

 

そう考えると、金曜日のクラスが淡々とうまくいった理由の一つがわかります。

挑戦~失敗~修正のサイクルの中で、成功に達したということですね。

そうか、成功の自信が、いろいろな人に答案を見てもらう、見せ合う、言葉で説明し合うということの背景と言うか、根源にあったんですね。

 

答案に自分の意見を書いてはいけない

出題の意図を理解して答える

全文を読み理解した上で、傍線部周辺をよく読む

解答構文で答案を作る

時間配分に気をつける

いろんな人の、いろんな答案や考え方を知る中で、自分の答案が変化してきて、そして模範解答に近づいていったということでしょう。

言葉で説明することも、最初はうまくいかなかったのですが、繰り返して自分の理解が深まれば、説明は自ずからうまくなる・・・そういう段階に近づいてきたのかもしれません。

 

変化に強い人、変化に弱い人というのがいます。

私にも、強い部分と弱い部分とがあります。

今、教室で負のオーラを放っているのは、どちらかというと、変化に弱い人ですね。

それは、できない理由を探すタイプの人、誰かのせいにしたい人、大人は嫌いだけど大人に頼りたい人、先生は嫌いだけど絶対視している人、そっか・・・自己の中に矛盾を抱えている人ですね(笑)

・・・自己の中に矛盾を抱えていれば、変化に対応できなくて当たり前ですね(笑)

 

それは、意味を考えずに言われるままに従ってきた人もそうです。

自分で意味を考えずに過ごせる楽さと、意味を理解できないことをやらされる反発心との間で、でも、やっぱり自分で意味を考えることができず、それを教えてくれと主張しても教えてくれない(のが当然ですよね)、そして自分で考えても出てくるのは、できない理由、やらない理由ばかりで、前向きになれない。

でも、きっと、本当の意味はわかっているんだけど、認められない。

そんな矛盾の重なりが、ここまで積み重なってきているのかもしれません。

 

さて、本題にもどして・・・

論理思考や言語の取得は、挑戦~失敗~修正という学びの繰り返しです。

その中で、なぜが理解できて成功に至る人と、無意識に正解にフィットしていく人と、二種類の人がいるかもしれません。

成績上位者や、センスの良い人、それこそ教員になる人なんかは無意識フィット組が多いかもしれません。

そういうなかで、失敗から学びを取り出して理解に結びつけること、成功から学びを取り出して理解に結びつけること、二刀流で進めることがいいかもしれません。そこの意識と言うかストライクゾーンの広さが必要のようです。

 

うまくいっているグループ、クラスは、Warrantがさ~~という言葉が交わされています。つまり、ロジックが共通言語になっているんですね。

私に質問したがる生徒は、この共通言語がまだ身についていない生徒のようです。

もちろん、私を批判したがる生徒も、同様です(笑)

 

そっか、クリティカルに発想・思考するってのは、共通言語をもったうえで、さらにそこから・・・なんですね。

そう考えると、古文・漢文の重要単語・重要文法、わびさび・無常観、和歌の技法・・・なんてのは、まさに共通言語なわけで、これは失敗を繰り返した学びの先で身に付くもの・・・そういうことなんですね。

 

まねぶ~成功をコピーする~意味が分かる

まなぶ~失敗と修正を繰り返す~意味をつかむ

 

早くて合理的なのは「まねぶ」ですね。

これは、封建制度が背景にあって成立しやすいのかもしれません。

これからは「まなぶ」かもしれません。

失敗の繰り返しを伸びしろと考え、そこで身に付く周辺情報が、より深い意味の理解、独創性、主体性を導くってことですね。

 

でも、このまねぶとまなぶとを一体化した言葉が「まなび」ですね。

理想と現実、楽しさとしんどさ、自由と義務、その間に存在するものが「まなび」

まさか、これを「折り合い」っていうのですかね。

つまり、折り合いってことで、みんなが幸せになるってことか・・・。

みんなが幸せになれば、折り合いをつけて少し諦める・妥協する我慢する・・・そういうことが、後から帰ってくる可能性が・・・高いなぁ・・・。

 

5教科7科目準備するってこと、推薦・AO入試の準備と受験勉強、学校の勉強と受験勉強、高校の学習と大学の学習、学校で学ぶことと社会で求められること・・・これをすべてイコールにする・・・ってことは、折り合いなのかもしれない。

 

ある意味で、今までやってきた中学・高校の学習とは異なるかもしれないけれど、その修正ができれば、後からかえってくるものが、限りなく大きい・・・。

 

目の前の学びと自分の未来をイコールにする、

未来と自分とをイコールにする、

初見の問題、はじめての経験を乗り切る力をつける

 

そっか、わたしにとっても初めの経験が今年はたくさんあります。

まず、生徒の相談では、全文を理解すること、傍線部の周辺をよく見ることをこころがけよう。

全体をよく見よう。そこから意味をつかもう

鳥の眼、蟻の眼、魚の眼か・・・。

自分にないじゃん(笑)。

でも、コーチは、自分にできないことでも、選手にできるようにすることができる。

それは、経験と言う蟻の眼ではなく、選手全部の理解という鳥の眼・魚の眼から。

 

経験からくる他者理解の不全から脱しよう。

まず、自分がそうなることで、授業の精度を高めよう。

まずは、そんな一日。

 

 

 

本日の一限

いったい、何がおこったの??

というくらい、理想的というか、ALってこういうものなんだ・・・ということを始めた知ったというか、すごいというか、完璧な一時間でした。

 

生徒は、自ら多くの仲間にノートを差し出して採点や意見を求め、あるグループは深まり、その深まりをもった生徒が別なグループでまた深まり・・・。

Alでは、教員は静かにその姿を教室の隅で見つめるだけ・・・と聞きましたが、ほんとうにそうで、逆に、私はその姿を見つめてそこから一歩も動けませんでした。

声がけの必要もなく、ただ問題について、内容について、語る声、説明すること、ありがとうという声だけが満ちていました。

 

前日が散々だったので(笑)、いやぁ、本当に感動しました。

 

で、ALは、やはり様々な環境整備や、生徒の心の準備、導入が必要なことを強く認識しました。

生徒の心に乱れや動揺があると、負のオーラを放つ生徒が教室を支配するように感じます。で、昨日はそういう生徒に反応してしまったんですね。これが失敗の上塗りでした。

まぁ、普段は寝ている生徒がALで起きていれば、強烈な負のオーラを放つのですが、それでも起きているってことは参加意志を表明しているわけで、そこを理解しないといけないんですね。

彼らは、先行している生徒より、ALによる国語演習の段階が遅れています。だから、よけいに目立つんですね。先行生徒より、意識などが1ヶ月遅れています。ので、こちらもつい、イライラしたり、排除したくなったりするんですけど、そこで、先行生徒にうまく拾ってもらわないといけない・・・ってことなのでしょう。

 

そう考えると、今日のクラスは、全員がほぼ横一線の成長を果たしているということになります。

昨日散々だったクラスは、意識や取り組み、学力の成長段階がばらばらってことですね。これは、少々手こずりそうですが、トップ層は「模試が楽しみ~~~!」という感じなので、そこから前進して欲しいです。

 

そうか・・・しんどいクラスは、トップ層が見えにくいんですね。

これを可視化しないといけない・・・少し光明が見えてきました。

がんばれそうです(笑)

 

 

 

 

マインドセット

が重要になるという記事を昔読む、その時はあんまり信じなかったのですが、これからの世の中を考える中で、その重要性がだんだんわかるようになってきました。

 

自分の気持ちの準備が、いろいろ不足でした。

その原因は、私の中にある小さな不満やストレスの積み重ね。

さすがに二年目ともなると、いろいろ職場にも思うことがありますし、本当にこれでだいじょぶなの・・・と感じる場面も多いです。

 

強く感じるのは、生徒と教員との対立の図式。

ま、結局はそこにいきつくわけで、そういえば某初任校時代、生徒を力で押さえつけることのできないヤツは失格という空気の中、孤軍奮戦したことを思い出します。

 

そういう中、生徒は生徒の力学の中で動く。

その生徒の力学をいい意味で引き出し、利用し、集団形成していくのがAL。

現段階では、意欲的な生徒の成長が目につきます。

自由の中に秩序を構築することのできるレベルの生徒にとって天国なんですね。

でも、秩序を構築できない生徒にとっては地獄・・・。ただ、本人はそれに気づいていません。自由だから勉強をしても、しなくてもいい。別なことをしてもいい。問題を理解する・深めるということができない、知らないので、答えがわかればそれでいい。

 

少し試してみようかと思いますが、どうしても教員を頼ることしかできない生徒に対し、クラスを信じられないの?? 仲間の中に正解あるよ?? という返しをしてみようかと思います。

昨日の生徒もそうでした。自分の答案を間違っていると採点されたんですね。納得できない生徒は私に質問してきたのですが、提示している模範解答には、その答案も正解としているのです。それを読み切れていないのですね。

でも、教員と生徒との対立の図式の中では、教員がわけわかんない・・・という評価になる(笑)。

 

日々の積み重ね・・・ということをあまりしてこなかったのでしょう。

あるのは週末課題だけですからね(笑)。

で、そういう教員・学校側の方法論も、あんまり効果的ではなくなっているようです。

国語だと、B4プリント両面の漢字や語句の書き取り系の週末課題がでます。

これに1~2時間かかります。このことを知ったことも驚きですが、一般教養的な言葉・ことわざ・日本語の知識がない彼らには、ほとんど知らない言葉の羅列なんですね。で、これが週末課題として出る。やろうと思えば出典のテキストを写せばできる。でも1~2時間かかる。

日本人なら当たり前、写すだけなんだからできるだろう・・・というのが大人の価値観。で、確かにそのとおりなんですが、結局思考停止状態での作業になるので、実にはなってないみたいです。

 

であれば、思考を働かせる問題、授業の延長線上の問題、初見で問題を解く力や現実社会で生き抜くための学習につながるものが必要ではないかと思います。

時代が、そちらに動いていますから・・・。

でも、これを思いっきり言うと、多くの先生方を存在から否定してしまうことになります。そこで、折り合いをつける・・・ということが必要になりますが、これはこれで、なかなか難しいですね・・・。

 

知力・能力だけでは厳しい。

大切なのは希望や意思。目の前の現実や自分自身を肯定すること。

そういう自分を構築してゆくこと。

そうか・・・自由の相互承認ってのは、集団秩序を構築することと、自己を肯定できる自分を構築すること。そして、集団秩序を創造し構築し実践している他者を肯定することで、自分が集団秩序を構築し、自己を本当に肯定しているかを評価してもらう・・・そういう相互の関係性、他者を意識した水平関係の確立の確認なんですね。

 

過大な条件ではなく、みんなが幸福になるための最低水準が、最高水準なんだ・・・今、気付きました。人を活かすこと、自分を活かすこと、世の中の未来を構築すること・・・それって、入試センターが発表した、センターテスト試案のテーマ、そのものではないですか!

 

二面性を理解した上で、その美しい方を選択する。

決して逸れないってことですね。

価値は常に流動的なものであり、逆に、その流動性を産み出すことが求められる。

そのためには、固定的な発想や価値観から解放されることも必要・・・。

 

ここに、いろんな要素が詰まっています。

となると、生徒対教員の対立の図式ってのにも流動性をもたらすこと必要でしょう。

ブレないってのもそれで、ぶれると流動性はまた異なるんですねぇ。

 

なんだか、いろいろ考えさせられます。

では、今日も働きますか・・・。

 

 

 

 

生徒の感想

いろいろな人の答案を見るのは楽しい。タメになるものから珍回答もあって楽しめる。

採点してくれる人がいると、得るもの違うと思った。

多くの人と話し、意見を交わすことで、理解度が深まった

質問をして答えてもらったらためになるし、答えられなくても、理解するためにたくさん考えて導きだそうとするので、よい傾向だと思う。

友達に、どんどん質問することで理解が深まった

グループになると、いろんな人の意見が聞けておもしろい。

友達の説明を聞くことで、本文の内容を理解し、自分の考えも伝えることができた。

短く簡潔に伝えることも大切だと思う。

人に自分の考えを伝えることで、答案・解答への理解が深まった気がした。

模範解答を写すだけだとわからないことも、説明したり、説明を聞いたりすることで理解できるようになった。

説明しながら模範解答を教えてあげたら、いつもより理解が深まった

外した問題も、解説を聞いて解決できたのでよかった

話し合うと解決できた

人の採点をすることで、自身の復習にもなり、より理解が深まった

考えを共有する必要性を学んだ。 

お互いの知恵を振り絞ることで、一人ではたどり着けない答えを発見することができる

一人で考えることばかりが学習ではない 

友達に教えてもらったことを、すぐに他の人に教えると、頭の中が整理されて理解が深まる

自分の中ではわかっていても、人に教えることは難しく、しかし、説明することで理解ができるようになる。

わかる人に教えてもらうのは、とてもわかりやすい

解答を敢えて見ず、教えてもらうだけにすると、自分も必死に聞こうとするので、いつもより内容が頭に入ってくることを実感した。

 

 

初見の問題を解くコツがわかってきた。

全文読むことで、発見できるものが多い。

本文をしっかり読む、指示語に注意、本文の単語を言い換える位の知識

指示語の正解がどこにあるか、だんだんわかってきた。

本文を一度通読してヒントを探してから問題を解く

本文を全文読むことで、指示語か解きやすくなった

意味を考える

自分の直感を信じることも大切 

きちんとした読解をするためには、主語などを書き残すことなく書いた方がいい。

伝えるためのルールを守って解答することで点数がもらえる

文章から必要な情報を取り出し、自分の言葉と一般法則のようなものを組み合わせて説明したり、解答することが大事とわかった

 

 

前よりスピードがあがってきた実感がある

最初は全然解けなくて取り残されていたが、今は、解答を見に行くくらい早くなった。

 

模範解答を見たり、採点してもらう前に、問題について採点済みの人に聞いたらスラスラ解けた。これから採点前に質問しようと思った。

 

答えは本文の中にあるんだと思った 

抜き出し問題でなければ、本文の文章を「短くする」のもあり

 

難しく考えすぎないことも大切。

 

定期テスト対策は、まず教科書を読む、熟読する。 

ただしゃべる時間になっている人もいるが、であれば、一つでも解説することを優先した方がよい。

二項対立を見つけることで、ポイントを見つけることができた。

国語の問題にもパターンがあるので、対応して答案を作る

答案も自己評価だけではだめで、他者評価を受けることが必要