国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

ちょっと吐き出し・・・

生徒による授業評価アンケートの自由記述欄には、結構激烈な文字が並んでいるものもありました。40名のクラスで1~3名ですね。

こういうことを書く生徒の、根源的傾向は前回書いたのですが・・・こうした批判は、私だけではなく、他の先生方も以下同文のようです。そして、毎年あるそうです。

 

いろんな考え方があって、こういう形でガス抜きしてしまいましょうという発想。

授業評価アンケートのマイナーチェンジを考える発想・・・それは様々です。

 

私は、やっぱり数日悶々とはしました。完全な人格否定でもありますし、建設的な発想が一つもない、憎しみのこもった文章を見て、そんなに平穏な気持ちでいられるほど聖人君主ではありません。

そこから少しふっきれたのは、やはり自分の学びからです。感情から離れた学びの従業性を再認識しました。

 

長期的な価値を創造すること・・・という言葉と最近出会い(本当は再会だと思うのですけどね)、アンケートの批判を、この視点で見直したとき、そこにこだわることに、長期的な価値の創造とつながることを見いだせなかったのです。そう考えた時、この批判について、感情的に反応することから、少し逃れることができました。

そして、この批判の根源や、批判者が必要としているものを考える方向に、自分が流れていきました。

 

やはり、大きいのは「学校の授業は、役に立たない」という価値観です。

基本的に、こういう価値観をどこかで強く持ってしまった生徒は、教員の眼から見て、学校生活がうまくいっているように見えません。

少数の固定された人間関係の中で、定期テストで失敗しないというモチベーションだけで直前に勉強し、体育大会などのイベントで活躍することが居場所形成にはなっていますが、自分の将来はみんなと同じように大学に行こうと思っているけど、学校の授業は人生にも、受験にも役に立たないので、真面目に受ける気はない・・・。でも、大学には行きたい。行けないとしたら、それは学校のせい・・・。だって授業わからないし、面白くない。というか、授業、聞いていなくても寝てても、テストは点数取れるから意味ないし・・・

という感じでしょうか。

 

別に、これを批判しているわけではありません。現在の「学校」という問題を非常にクリアについていると思います。

では、その学校の問題は何か・・・というと、それは、教員にもある「短期的問題解決の発想」だと思います。

 

要するに、受験で合格させる、進学率を高める、国公立を増やす・・・そういう世間(顧客)の要望・評価に対して、やっぱり、その場しのぎの価値観・発想で対応しているような気がします。私もそうでした。

特に、勤務校は「コース制」なので、合理的にゴールを達成したいという発想の生徒が集まりやすいです。本来は、コース制で、狭く・深く、探求的な学習をする・・・というのが創設当初の目標だったと思いますが、いつの間にか、苦手なことを避けるという面が中心になってきました。これは、美しくないですね。

 

そこに私が登場します。

高校3年生、入試問題を解けるようにする、初見の問題を解けるよう力を身に付ける・・・という、受験に対する長期的価値創造をしようとすると、考査で赤点を取りたくないという価値観との対立が生じます。

やがて、私大希望の彼らは、入試科目として国語を棄てます(現代文なしで受験できる大学があるんですよ・・・)。

ただ、現代文では、ALを導入して、主体的な発想、コミュニケーション、文章表現、論理思考などの理解を求めています。これは、他教科への派生が生じます。

しかし、こうした授業目的は、「こくご」ではないというのが彼らの価値観です。そもそも授業や学校は役に立たないという価値観に支配され、それで自分を守っているので、なかなか難しいです。

 

授業や学校が役に立たない・・・その発想は、すでに未来を知っているということだと私は思っています。誰が決めたのか? 

これから大きく変化する未来に対して、なぜ、今の学びが役に立たないと断言できるのか?? 役に立たなくしているのは誰か??

・・・これは、短期問題解決だな・・・ダメだ。

 

今の想いを、社会で役に立てるならば、どのような人生の選択があるのか?? 

これだと、少し、長期的価値創造になるかな??

 

短期的問題解決を否定するつもりはありません。

問題解決で重要なのは、長期・短期という両面の組み合わせだと思っています。

使い分けといっても良いですね。

 

で、今回の激烈な批判を書く生徒の傾向は

 学校や授業は、自分の役に立たない、受験にも未来にも

という強い思い込みという理解になります。

で、ここから長期的価値創造を導くにはどうするかが大事です・・・

 

こういう彼らが求めているものは、必要としているものは何か?? という問いができます。

 

このままではいけない・・・という気づきはあるんだと思います。

でも、そこで自分が変われないんですね。

それは、小さな・固定的人間関係の中にいると、自分を変えることができないんです。

固定的人間関係のデメリットはそこにあって、自分の変化や成長を疎外する可能性があるんですね。これが大きいような気がします。

特に、コース制で、2~3クラス=80~120人程度の集団で3年間という時間を送る、学力の幅が広く、意欲も様々・・・という集団の中で、否定的な感情を軸に集まった同士=固定的人間関係は、なかなか崩れません。そこから逃げ出すこともできません。居場所がそこに固定されているわけですから、身動きが取れません。

 

そーゆーことなんですね。

こう考えれば、ここから逃げ出したいということなら、この批判に価値を見出すことができます。

では、どうしましょうかね(笑)

 

 

 

 

 

最後の質問がいいかな(笑)。

 

生徒の授業評価

ALを見よう見まねではじめて3か月。つまり、この4月から挑戦開始でした。

こちらの未熟もあり、不手際もあり、いろいろあるのですが、それでも一定の成果はあったような気がします。

その成果には、当然マイナス因子もあるわけで(笑)、いろいろ見えてくるものも多いです。

 

学校指定の様式で、授業評価を書いてもらいました。

自由記述欄もあって、ちょっと挑発もしてみました。

「この授業評価は、校長先生も見るから、不満でもなんでも書いてね」

 

一クラス40人に1~3人、激烈な記述がありますね。

うざい、質問にちゃんと答えてほしい、授業と課外講習で同じ内容で問題を解くのでどうしていいかわからない・・・。

なかなか、ストレスが溜まります・・・

少し冷静になって考えてみると、以下のようなことかなと思います。

 

1 学校の先生の言うことをきいて、信じて、丸暗記するのが勉強と思っている

2 学校の「授業」は、受験や高校卒業後の生活には役に立たないと思っている

3 学校の先生は、学校の先生らしくあるべきだ

 

このように生徒を育ててしまった「教育」というものに、その関係者であり、「犯人」である自分の存在に、懺悔しかないです。本当に申し訳ないと思います。

 

自分の高校時代を振り返ってみると、受験戦争世代の端くれだった私は、丸暗記勉強、英単語5000個、1万語・・・と言われた時代を、丸暗記なしで(一浪しましたが)過ごし、学校や予備校の授業で学問に目覚め、でも学校の先生には大きな期待はしていませんでした。

国語と言う、暗記型からはおそらくもっとも遠い科目のせいもありますが、丸暗記よりも理屈が好きで、近代社会の問題を本文から取り出し、でも学校の先生らしくなく近代のブラックな現実を提示したりもします。きっと、こーゆー教員は、化石世代であって(笑)、もっと淡々と授業しないといけないんでしょうね(笑)

 

Theory of Knowledge を、今、読み進めています。

この中のいくつかの発想を、本文読解にあてはめるとあら不思議(笑)

今まで、読み解くのに時間と労力を要した本文が、いとも簡単に読めてしまうのです。

ああ、もっと早く出会いたかった(笑)

夏休みにこれをもう一度整理し、この理論に基づいた授業構築を考えています。

TOKに基づいた授業を考えると、それはアクティブ・ラーニングにしかなり得ません。

で、夏休みには課外講習があり、そこでセンターテストの過去問演習を行います。

センターの問題もTOKで見直してみようと思います。

そこで、自分を鍛えて、夏休み明けの記述演習に突入します。

TOKで読み、ロジックで表現する・・・そういう流れになると思います。

 

学校に対する批判でしか自己表現できない生徒たちの存在・・・そんな生徒たちは、これからどうやって生きてゆくのか・・・。

おそらく、残り約7か月の高校生活でそれを抜け出すことはできないでしょう。

でも、自分の中の、何かに気付き、これではいけないらしい・・・ということを自覚してくれれば、今年は十分だと思うことにします(笑)

 

 

 

 

エントリーシートの指導・・・

が、ちょっといやになってきました(笑)

 

何を書いていいかわかっていないけれど、こう書くらしいという思い込みがあって・・・指導の前に、先入観を抜かないと、一歩も先に進みませ(笑)

個別指導であることが幸いですが、そこでわかるのは、ここまで授業などで伝えてきたこと、やってきたが、まだつながっていないこと・・。

何だかんだいって、教員の言うことは聞きたくないのに、依存していること。

 

これを打開するために、ポートフォリオ・シートのようなものを作成してみました。

でも、これはこれで、危険かなぁ・・・。

自分の可能性や多様性を掘り出すためにという意図が、異なる方向に進みそうでこわいです。あくまで、個別指導でしか、使えないかもしれません。

 

この伝統芸能はどこで培われているのか??

どうすれば、この伝統芸能から抜け出して、自分を表現できるようになるのか?

悩みは尽きませんが、明日も戦うしかないですね・・・

長期的な問題解決の視点から、価値を創造する

最近おぼえた言葉です。

 

問題解決が大流行りですが、実は、問題解決にも二つの視点があって、

 短期的問題解決思考 目の前の問題を何とかする。

 悪く言えば、対処療法

 

 長期的な問題解決思考 未来を考えて今を考える

 悪く言えば理想論

 

で、ALとか創造思考とか、たぶん論理思考も、長期的な問題解決の発想であることを確認した方が良い・・・ってことです。

 

すぐに結果を求める、定期考査だけ勉強する、必要か無駄かだけを価値の判断とする・・・受験の有無で判断する、価値観が同じか異なるかで人を見分ける・・・

 

こういうものが、いわゆる「短期的問題解決」なんですね。もちろん、そこには「快の法則」「合理性」は存在します。でも、多様性や協働性は・・・薄いかもですね。

 

一方で長期的に価値を創造してゆく発想では、無駄なものはなくなっていきます。むしろ、価値観の異なる発想が刺激となり、多様な発想を身に付けて、協働性が高まる・・・そんな気がします。

 

うまくいったクラス経営って、長期的な価値創造だったなと、振り返って思います。

そのかわり、周囲の先生からは改善点や文句など、たくさんのクレームをいただきましたが、まぁ、それに耐えた価値はあったかな(笑)

 

中高一貫校の校長先生が「中学生が面白い」っておっしゃるのは、きっと、まだ白紙に近い中学生に、長期的な価値創造の可能性を見るから・・・なのかもしれません。

 

そう考えると・・・短期的な問題解決発想では、合理性と論理性とを混同しているかもしれません。そこに、クリティカルな切り口があってもいいですよね。

道徳と倫理とも、混同があるかもしれません。そこにクリティカルな発想を求めるものいいかもしれません。

 

自分の中にも短期的問題解決を良しとする部分があって、これはこれで必要なのですが、しばらくは封印しておこうと思います。

一生涯の幸福を考える・・・未来を創造する・・・みんなが幸福になる・・・そういう、俯瞰的視野とは、長期的な価値創造・・・これが、大事・・・なんですね。

そういう目線で、これはこれでTOKの発想でもあると思うので、入試過去問を見直してみようと思います。また、授業でもなげかけていこうと思います。

 

 

アクティブラーニングは、形じゃない

TOK Theory of Knowledgeを読んでいます。

繰り返し読んでも、全然わからないんですけど、おもしろいです。

で、アクティブラーニングってのは形ではないわけで、そこに導く、こちらの持って生き方というか、授業の方向や、教材の理解が必要なわけで、その基準になるのが、このTOKなんですね。

グローバル社会への対応や、対応ではなくて、もうグローバル教育を進めている人々や学校、団体には、これは自明のことで、遅れているのは私の方。

全国のいろんな場所で、勉強会や研究会が開催されてもいます。

 

で、TOKの理解できた部分から、現代文の授業を構築してみました。

なるほど、論点や質問が明確に出てきます。

これを、生徒ができるようになればいいんですね・・・。

 

そーかー。

今進めているALは、できない・わからない・間違ったという生徒の「なぜ」から盛り上がります。わからない、できない人の持つ「素朴な質問力」が、ALを形成しているんですね。

今回は・・・私が質問を作ってしまいました。

それについてグループワークで話し合い、内容を確認し、理解を深めようという計画です。でも、これだけでなく、生徒から新しい疑問や不明な点が出てきたら、「質問の形」で提示してもらおうと思います。

そこから、さらに深まるといいのですが・・・。

こうなると、本当にファシリテーションが大事で、その勉強も必要ですね。

 

クラスの様子を見ていると、演習問題だけを解くところから、徐々に文章全体を読み、作品全体を見わたし、筆者や文章の題材に、同意・同調・共感もしているみたいです。

一つ上の段階に進める・・・ということで、ちょっと悩み、精神論っぽい方向に進みそうだったのですが、私の場合は、やはり、教科の内容で一つ上の段階に進めようと思います。

道徳で人を断罪してはいけない、自己正当化してはいけない。

みんなが幸せになる社会の実現=一人も見捨てない・・・ということの実現のためには、一度、そこから思いっきり離れてみる・・・それが、実現を導く・・・というと、少し怒られそうですが・・・

思考力を高めるためには、知識が必要で

知識を身につけるには、思考力が必要で、

みんなで協力するには、個人の能力が必要で、

個人の能力を高めるためには、みんなの協力が必要で、

ALを意味のある学習にするためには、教材の研究が重要で、

教材を深く考えてもらうためには、ALの勉強が重要で、

宿題を出さないためには、授業が重要で

授業を機能させるためには、宿題が必要で、

それを宿題にしないためには、反転授業の発想が必要で、

記述力を高めるには、本文理解が重要で、

本文理解のためには、記述演習が必要で、

記述のためには、論理思考が必要で、

その先の創造思考のためには、TOKの理解が必要・・・

 

あああ、そういうことですか。

これは一生、勉強、終わらないですね(笑)

 

幼い生徒への対応

高校3年生を担当しています。

昨年まで担当していた先生が異動になり、私がそのまま3学年に残留して入ることになりました。

 

何でも先生に聞きたがる子供たち・・・その半数は、質問ではなくクレームに近い(笑)

どこで知ったのか、だれに習ったのか、単なる思い込みなのか、その生徒なりのルールを主張する。生徒の誤答は、設問文の条件に気付いていないことや、本文の事実誤認などが原因であることが多い。授業の方針として、仲間に聞く、みんなで解決するなので、みんなにきいてごらんと返すと、ものすごく不満そう(笑)。

 

○○先生が言った・・・という根拠も、おそらく事実誤認(笑)。

物事の二面性や、ルールの根本を理解していないので、ディテールに無駄にこだわる。

彼らの主張は、先生が間違っている・・・でしかない。

それを、みんなに聞いてごらんと返すので、卑怯という解釈らしい(笑)

 

こういう傾向の生徒は、わりといい子であることが多い。

上下関係の強い集団に属していたり、親の言うことをよくきく子に多い。

水平な人間関係を構築することが苦手。

人への好き嫌いは誰でもあるが、それがその人の評価に直結する。

 

なかなか難しいものですね。

なんか、そういう中で、疲れてきました・・・。

そういう子供たちが、変わるのは、教員の力では無理です。

そういう子供たちが変わることができるようになるのは、集団形成が必要です。

長い時間をかけて、辛抱強くやるしかないですね。

そうか、だから頑張っている子供たちを励まし続けることが大事なんですね。

頑張っている子供たちを、中心に、集団を作ることが大事・・・ってことみたいです。

 

でも、なんか、そういう、自分のミスを正当化するだけの人々といることが、トラウマになっているみたいで・・・そろそろしんどいです。はい。

 

アクティブ・ラーニングによる生徒の進化

生徒の振り返りシートを追い掛けてゆくと、こんな段階がみえてきました。
 
第1段階 個人の思考=「気付き」から始まる。
     「気付き」が「ペア・グループによる活動」によって発展する。
第2段階 ペア・グループによる「シェア」が、他者の発見~他者意識を生む。 
第3段階 他者との交流=流動的な人間関係が、思考の流動性を生む。
第4段階 思考の流動性によって既成概念から解放され、広く・深い学びになる。
第5段階 広く・深い学び=本文、筆者や出題者との対話が始まる。
     クラスメイトという見える他者から見えない他者との交流に発展する。
     自己の体験と本文とを結び付けて理解することも始まる。
第6段階 暗記型学習から思考型学習にシフトチェンジする
 
前期中間試験までの2か月、15回の授業で、トップ層はここまで来ています。
つまり、懸案の「思考型学習」へのシフトチェンジが進んできたと思います。
 
これを点数にあてはめるならばこんな感じ
1 80点以上=80%以上のシフトチェンジ(6段階)
2 70点以上=70%以上のシフトチェンジ(5段階)
3 60点以上=50%以上のシフトチェンジ(4段階=平均点)
4 50点以上=30%以上のシフトチェンジ(3段階)
5 40点以上=20%以上のシフトチェンジ(1~2段階)
 
記述は良かったのですが、選択肢を選ぶ問題に課題が残ります。
これは、まだ、教えていなかったからね。
選択肢は、夏季講習=センター対策で教えることにして、授業では記述と思考に取り組んでいこうと思います。
 
 
 
第1段階、気付き「このままではいけないらしい~最初の成長の実感」
 ①本文を写すだけではいけない
 ②答案は、本文の内容や筆者の考えを書くもので、自分の意見・考え・感想を書い

第2段階、アクティブ・ラーニングの意味を理解「ペアやグループで学ぶことの意味」
 ・友達と一緒にやることで、納得できるまでやれる
 ・わかっている友達に教えてもらって、よくわかった。
 ・わからない人間どうして集まることで解決できた。
 ・外した問題も、解説を聞いて解決できたのでよかった
 ・話し合うと解決できた

第3段階、他者との交流の始まり「流動的な人間関係への発展」
 ①いろんな人の答案を見て、いろんな考えがあることを知った。
   ・多くの人と話し、意見を交わすことで、理解度が深まった
   ②友達に、どんどん質問することで理解が深まった
 ・自分の中ではわかっていても、人に教えることは難しく、しかし、説明することで 
  理解ができるようになる。
 ・人に自分の考えを伝えることで、答案・解答への理解が深まった気がした。
 ③早い段階で疑問を解消した方がよい。
   ・みんなも自分も、だんだん意見が増えてきて楽しい
 ④一番わかっている人のレベルでみんな理解できたので、すごく満足度が高い。

第4段階、他者との交流が導く思考力の変容・向上「思考の流動性
 ①より広い視野でものごとを考え続けることができそう。
 ・全員が違う答えなので、新しい発見、異なる視点から物事を見ることができた。
 ・みんなの意見を交換することが大切!
 ・同じ問題でも、人によっていろんな意見、いろんな考え方があるとわかった
 ②より深く考えることができた
  ・一つの言葉を掘り下げるといろんなものが見えてくるような気がした。
  ・わかったつもりでも、それを人に教えるとなるととても難しいので、これから自分
      のボキャブラリーを増やし、自分の言葉で説明できることを目標にしたい。
  ③身近な体験や事例に例えて説明すると、とてもわかりやすい。
第5段階、思考力の変容・向上が導く学習の改善「見えない他者との交流」
 ①本文をきちんと読む、全部読むことが大切
 ・傍線部の周辺を読むだけではわかったつもりでも点数にならず、本文全体を読まな
        いと点数に結びつかない
 ・本文を自分勝手に解釈することを「主観」ということに気づいた。
 ②まず「問題」を理解すること、出題意図の理解が大事ということがわかった。
 ・選択肢をカンで選び、本文を主観で理解していたことに気付いた
 ・自分の答案は、人に伝えるには「説明不足」ということがわかった。

第6段階、学習の改善「暗記から思考へのシフトチェンジ」
 ①「初見の問題を解く方法」「考査・模試・入試で高得点を取る方法」
 ・出題の意図を理解し、
 ・本文を全部読んで、全体の意味をきちんと理解し、
 ・事実と事実以外とを区別して読み、選択肢は客観的に選び
 ・答案は、解答構文やトゥールミン・ロジックを活用して、3つの部品で説明し、
 ・本文の背景にある価値観を理解して考えを深める、
 ・また、内容を体験や身近なことに例えて理解を深める、