読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語授業のあれこれ

アクティブ・ラーニングや教材研究のための書庫です

ここまで雑感

 グループ学習というよりも、集団形成を目的にもするALになっています。

 生徒に響いた言葉は

 「共同、協力して作業を行うことができるのは人間だけ。AIやロボットにはできないことだと思う」

でした。

 人間には、共感回路があります。だから群れて行動することができますし、集団で狩りや農耕ができたんですね。

 野生動物の映像を見た時、人間が一番恐怖をおぼえるのは、例えばライオンが群れで狩りをしている映像です。あるいは、ナウシカで「テントウムシのおばけ」みたいな生物が集団でこっちにやってくるシーンです。

 たぶん、人間が霊長類のトップに君臨できるのは、共感回路の存在によって「チーム」で行動できるからですね。人間以外の動物には、こうした回路がないか、あっても弱いので、小さな集団・家族という単位の集団くらいでしかチームが存在しないんだと思います。

 そんな話をしたら、生徒アンケートに、「人間しかできないことなんだから、もっと協力の輪を広げたい」という意味の言葉を書いてくれた人が結構いました。

 

 さて、そんなALなんですが、約40名のクラスが取り組んでいる様子を見て、ふと思いました。

 

 人間には「善意」「悪意」の二面性があります。

 ALは、人間の善意によって成立する学習方法なのかもしれません。

 だから、ALの達人の授業・クラスから育つ生徒は、善意・ポジティブなとらえ方を自然に身につけることになるのかもしれません。

 AL授業に失敗し、挫折し、苦労を経てAL授業を成立させた先生方の報告を読むと、「自分がALというものを理解していなかった、ブレがあった、方法論だと思っていた」と書いてあるものが多いです。

 AL授業における生徒の反発、周囲の無理解や抵抗は、「悪意」なんですね。

 で、授業者に未熟さとそれに伴う悪意があれば、生徒の中の悪意を呼び覚ましやすいと思います。

 悪意が呼び覚まされないほど、完璧な準備・・・。

 なるほど、慣れたり、うまくいったときの成功体験を繰り返そうとした時の失敗は、完璧ではない準備による、生徒の悪意の喚起なんですね。

 

 今、善意に満ちた教室の中に、悪意・不安・疑問などが散見されます。

 生徒たちは、それは先生が解決すること・・・と思っているかもしれません。

 そういうものに対して「これでいいのかな?」と投げかけることも必要かもしれません。不安や疑問を「質問の形にして投げ返す」ですね。

 

 私はよくないと思う。私の指示や提案を、悪意で解釈しているならば、それを改めて欲しい・・・そういうことかもしれません。

 それが、公共倫理、集団生活というものではないでしょうか。

 ここにALの意味と課題とが同居しているような気がします。 

 

なるほどアクティブラーニング

生徒には、毎時間、最後の5分間で授業の振り返りをしてもらっています。

まだ、短い文章しか書いてくれないですけど、でも、内容はつまっています。

 

前向きな内容や取り組みが多い一方で不安もあります。

 

よくわかんないまま終わった、

採点、説明してくれる人が、よくわかっていない

結構しんどい・・・などですね。

 

前回の授業の設問は「指示後の指示内容」でした。

ので、正解というのが見えやすかったのだと思います。

今回の授業の設問は「理由を説明せよ」という、バリバリの記述問題です。

そこに、超えないといけない壁があるみたいですね。

 

2クラスやってみての、国語的な問題点は

1 設問の意図の理解

  ・理由を答える問題であることの理解

2 「キレる」という言葉についての認識

  ・高校生の日常で使っている「キレる」と

   筆者が本文で使っている「キレる」とは

   微妙にニュアンスが異なっているようです。

   この差異を受け容れて、理解を深めること

3 未知の他者への説明という意識

  ・これは、ほぼない(笑)

   この意識を持つことができると、答案は変化してくると思う。

   特徴的な行動をする生徒は、この意識がないことが多い。

 

というわけで、これらを解決するために、論理解法が3回目の授業で登場することになります。トゥールミン・ロジックの登場です。

 

 次回の授業の流れとしては

 1、漢字テスト

 2、コミュニケーションの基本説明

   (他者との関係性を意識してもらう)

 3、トゥールミン・ロジックによる解法

   (論理思考からの答案作成)

 で、未知の他者への説明を導く予定です。

 

 現代文は週2単位で、連休明けまでは授業が飛び飛びな上、基礎事項の徹底のために本文がなかなか進まないのですが、ここは、やはり、基礎を全員に理解してもらうという壮大な理想にむかってみます。

 夏休み前までに、論理解法をみんなが使えるようになる・・・が目標ですね。

 気を付けなければならないのは、他者意識が未熟な生徒(だってあってるよね)、ちいさなグループ内にとどまっている生徒(そのために正解の理解が不足することですね、現状では、小さな同じグループだから議論が深まりつつある生徒もいます)、何よりも、アクティブラーニングによる新しい授業形態に不安を抱えている生徒です。

 この楽しさをどう発掘していくか、次回は講義中心になりますが、この中でoutputを持たせる工夫を・・・やってみます。

 腹案は、とりあえずありです(反復学習法でいきます)

 

 

 

早くも闇の出現?

あるクラスでの授業

設問は、本文中にある「キレる」に傍線部を引き、『「キレる」のはなぜか、理由を説明せよ』でした。

 

生徒同士の採点・解説だと

1、他者に伝わることを意識した答案になっていない。

   (ポイントをつかんでいますが、点数にはならないんです)

2、「キレる理由を説明せよ」と「キレるとはどういうことか」との違いをわかっていない。

   (出題の意図から外れているので、0点ですね)

などの問題点が早くも浮かび上がってきました。

 なるほど、アクティブラーニングをすると、生徒の人間関係や学力の部分で「闇」が明らかになりやすい・・とはこういうことなんですね。

 

 この闇を解決することができれば、学力も人間関係も変わるでしょう。

 何よりも、生徒自身が、このことを「問題」「わからない」と自覚したことは間違いなさそうですから、ここから理解・解決にもっていくことができそうです。

 次の授業は、このあたりを解決するように進めるよう、授業案を考えないといけないですね。

 これから、同じ場所を別なクラスでも行うので、同様の「闇」が出現するかどうか、観察したいと思います。

 

 自分でも安心しているのは、こういうことを私自身がポジティブに受け止め、想定外の状況を、国語力向上につなげようと意識できていること。

 頑張ります。

 

 

 

 

 

 

新学期がはじまる

 2月、3月と、アクティブラーニングに関する準備を進めました。

 コーチングやファシリテーションを用いる講習会に参加もしました。

 西川純先生の『学び合い』の理論書にも出会って読んだりしました。

 

 いろいろ勉強してみてわかったのは、現代社会が本当に変化してきていること。

そのパラダイムシフトの中で、目の前の生徒たちは何も知らないこと。

 キャリア教育・・・と言ったって、志を立てることの重要性は今も昔も変わらないのですが、その背景にある時代の変化、来るべき未来をどう創っていくのか・・・そういうものの提示がないままで、キャリアを考えることはおそらく難しいはず。

 新学期の最初に、近未来を提示しました。

 世界の人口増・日本の人口減。AIの進歩。仕事・働くということの変化。

 そして2020年の教育界の変化・・・。

 みんなで幸せになることが、精神論ではなく現実論であること。

 競争ではなく協力・共同・協業。

 学習理論に基づいた授業の構築・・・。

 そんなことをふまえて、授業に入りました。

 

 アプローチが未熟で、我流の失敗を経て、学び合い理論を取り入れた授業で『学び合い』が本当に展開されたのは、感動と驚きであり、授業振り返りシートには、生徒自身が前向きに、もっと教える方になりたい、積極的にならないと・・・など、その趣旨を理解した言葉が並びました。

 

 アクティブラーニングは、方法ではなく精神である。そういう古い精神論的ワードが浮かびましたが、確かにその通りのようです。

 

 

現代文学理論講座を読む

 筆者の主張・・・と教壇から叫んでいますが、評論はともかく、小説でそれでいいのか・・・という思いは強いです。

 作家論、作品論の流れの中で、小説がどのように構想され、書かれていったかを、作者の実人生と重ねて解釈する方法があります。

 一方で、作者の意図を超え、作品に新しい読み、解釈、視点を与えることもできます。

 ただ、作者の意図・・・というのは正解のない問なわけで、であれば・・・ということで、私自身は、作者の生い立ちから作品のモチーフを引っ張り出したり、心理学を応用したり、倫理をあてはめたりしていました。

 でも、なんか違うという思いはありましたし、まぁ、指導書通りにやらないと、考査の時、生徒が困る、先生によって正解が異なるのは、学校的によろしくないってことなんですね。

 

 この本の中の「言語行為論」が面白く、いろいろ腑に落ちました。

 なるほどね、難関大学の記述問題は、ここからできるいるのね(笑)

 であれば、理論通りだし、その積み重ねで正解も出るわけです。

 やはり、作品そのものの理解があっての、アクティブラーニングなわけで、さらに言えば、理論あって、演習が成立するわけで、テクニックや方法論だけでなく、本質をもっと勉強しないとそこに至らないという考えは、間違っていないみたいです。

 

 というわけで、もう一回読み直して、勉強します。

 

トゥールミン・ロジックを小説解法に応用する

登場人物の心理分析です。

センター試験の小説問題の傍線部の多くは、登場人物の「セリフ」にあります。

そのセリフに内在する感情と、感情が言葉になる価値観・・・という風に考えていました。

 

ある高校につとめていたとき、ベテランの先生の「小説は、評論のようにすべて書かれているわけではない。何かが省略されている。それを想像することが小説解法」という言葉にヒントをもらいました。

また、ある予備校の夏期講習を受講したとき(自己研修です(笑))、小説の登場人物を「背景」「内面」「言動」で整理する先生に出会いました。

 

この二つの経験をまとめ、私は「小説解法は、背景・内面・言動から」「ただし、三つの部品はすべてそろっていないので、二つの部品から残り一つを想像・類推・推定するのが小説解法」としてみました。

 

これを、トゥールミンの「data、claim、warrant」の構造にあてはめてみただけなんですけどね。

 

いまのところ、矛盾なく進んでいます。

今までの苦労があったから、これがはまる・・・と自分を慰め、励ましつつ、でもいつか行き詰まる日が来て、また乗り越えないといけないんだろうな・・・ということも覚悟しつつ、日々を送っています。

2月に、いろんな勉強会に参加します。

 

やってみました

 まだまだ、アクティブラーニングにはほど遠いのですが、入試問題演習を論理解法でやってみました。

 トゥルーミン・ロジックを使って、内容把握問題を解いてみました。

 確かに、生徒の熱が高い。手応えがある。

 私もある程度満足できる。

 パワーポイントを使用したため、説明は少なく、しかし正解に至る道筋を簡潔に示すことができる。

 現状は、授業の最初にプリント演習を行って、答え合わせという形

 これを、反転授業にしてみる。つまり、ロジックの理解・活用を各自で行う。

 授業では、それに基づいて(特にロジックの活用で解ける演習問題の作製が必要か)問題演習を行う。その際、ロジックの活用を重視する。数学で言う「式を立てること」を重視する。

 ①自宅で理論を理解

 ②授業の最初に演習(本文中の正解部分を見つける)

 ③授業の後半で答え合わせ

というパターンが一つ。

 

 もう一つは

 ①授業の最初に、問題をロジックにあてはめる方法を解説。

 ②それに基づいて演習(本文中の正解部分を見つける)

 ③自己採点と確認テスト

というパターン。

 

 肝心なのは、ここから「記述答案の作成」に発展してゆくこと。

 ①授業の最初に、設問パターンと解答構文にあてはめることを解説。

 ②演習(記述答案の作成)

 ③自己採点と確認テスト

 

 そうか・・・こうすればいいんだ(笑)。

 もっと早く気がつけ自分!

 どうしよう・・・。とりあえず選択の現代文Aの小説演習で、この形を試してみよう。次の現代文Aは、金曜日。

 ちょっと頑張ってみます。少し、先が見えてきた感じです。

 やはり、やってみることが大事ですね。